独断と偏見で綴る,ジャイアニズム報告

「時事」、「オタクねた」、「海外ねた」、「会社」、「組織」の裏側・現実、諸々ナナメ切りあれこれ。 くだらないネタはさらにくだらなく、誰しもがニヤっとできる知的好奇心をくすぐる話題を独断と偏見でお伝え致します!

「時事」、「オタクねた」、「海外ねた」、「会社」、「組織」の裏側・現実、諸々ナナメ切りあれこれ。
くだらないネタはさらにくだらなく、誰しもがニヤっとできる知的好奇心をくすぐる話題を独断と偏見でお伝え致します!

【旅客機のトップガン】ボーイング新型「787-9」のアクロバット飛行がデンジャラスゾーン突入!(動画あり)

英国のファーンボロー国際航空ショーにて撮影
最新鋭旅客機787-9型機が性能の限界まで挑戦したデモンストレーションの映像が公開された。


ボーイング787-9型機1

ボーイング787-9型の第1号機が、米国時間7月9日にニュージーランド航空に納入された。
翌週の14日、ボーイング社は言わばその「ヴィクトリーラン」として、ロンドン郊外で開催された有名な見本市「ファーンボロー国際航空ショー」において、この新型機の性能の高さを誇示するデモンストレーション飛行を行った。

6分半にわたるデモ飛行の機動は、1955年にテストパイロットのアルヴィン・ジョンストンがボーイング367-80(707型機の原型)で行った、伝説的なバレルロール(横転と機首上げを同時に行うアクロバット飛行、飛行機の「側転」)と比べると、ずっとおとなしいものだったかもしれない。
しかしそれは、普通の乗客であればとても静かに座席に座ってなどいられない激しい機動だった。

ボーイング社によれば、テストパイロットたちは「この機体で、ほとんどの旅客機パイロットが引退するまで一度も経験しないような機動を実演した」。787-9がどれほど安全で性能の高い航空機であるかを知ってもらうためだ。

引用元:http://wired.jp/2014/08/10/the-new-boeing-jet-to-terrifying-limits/



ダイジェスト版


ノーカット版

動画を見る限り、パイロットの腕前は最高だし最新鋭機の安全性も信頼足りうるものである。





同型のボーイング787-9型機は8月7日、羽田空港発→福岡空港行きのANA241便として 世界で初めて定期旅客路線に就航している。 ANA241便

ANAボーイング787-9型機を世界で初めて定期路線で運航

同型のボーイング787-9型機は8月7日、羽田空港発→福岡空港行きのANA241便として世界で初めて定期旅客路線に就航させた。

引用元:ANA、ボーイング787-9型機を世界で初めて定期路線で運航 / 羽田空港発→福岡空港行きのANA241便。整備スタッフらが横断幕を持って見送り - Car Watch




本日8月10日(日本時間同日午後1時48分)テヘラン近郊で旅客機が墜落の一報を耳にした。
マレーシア航空機370便の行方不明事件、マレーシア航空機墜落事件はついこの間のできごと。
いくら機体に新素材を用い、安全性をアピールしたところで、外部からの攻撃やハイジャックに出くわせばどうしようもない。
空の旅がこれまで通り、危険極まりないということは、いくら最新鋭機種と名パイロットをもってしても解消できない。


テヘラン近郊で旅客機が墜落、50人死亡か

国内報道 イランの首都テヘラン(Tehran)近郊で10日午前、メヘラバード(Mehrabad)国際空港を離陸した民間旅客機が墜落、50人近くが死亡したとみられる。国内メディアが伝えた。

国営イラン通信(IRNA)とファルス(Fars)通信によると、航空機は東部タバス(Tabas)に向けて出発した直後の同日午前9時18分(日本時間同日午後1時48分)、近郊の住宅街に墜落した。

引用元:テヘラン近郊で旅客機が墜落、50人死亡か 国内報道(AFP=時事) - 写真 - Yahoo!ニュース